社会不適合者でオタクなライダーの日記

アイマスとかFateとかゲームとか。最近バイクの日記が主なブログです。

ゼロから始めるvTuver 〜現実と二次元を繋げてみる〜

ゼロから始めるvTuver
〜現実と二次元を繋げてみる〜
 
 前回の続きだよ。
 
前回で二次元の体を作成したので、それを現実の自分とリンクさせます。
 
 
 

 

 
 
準備
 リンクさせるために必要なものは以下の通り。
・二次元の体
・二次元の体と現実を繋げるソフト
・カメラ
 
 
・二次元の体
これは前回Vroidで作成した体をvrmという形式でエクスポートします。やり方などは後述にて。
 
・二次元の体と現実を繋げるソフト
今回使用するソフトは3teneというソフトを使用します。簡単な操作で使用できます。

 

・カメラ

カメラは以下のロジクールのカメラを買いました。

正直画質などはどうでもいいので、値段が4000円程度でコスパ重視で選んでます。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08LYZD32B

 
 
 
 
 
 
 
3Dモデルを出力する
Vroidでキャラを選択し、エクスポートを行う。
ポリゴン数が少なければ、少ないほど軽く動きます。ちなみに僕は雑に作ったのもあり7万ポリゴン超えていました。最適化すればもう少し軽くできるんですが・・・
 

f:id:thinatu:20210404230928p:plain

 
 
 
 
キャラクターを呼び出す
3teneを立ち上げ、キャラクターを呼び出します。
左の「三人の影」みたいなアイコンをクリックし、2の追加のアイコンをクリック。
 
Vroidから出力したキャラのvrmを、ここで選択すると読み込めます。簡単。

f:id:thinatu:20210404232047p:plain

 
 
 
 
トラッキング。キャラクターを動かす
3teneの右上のアイコンをクリックし、トラッキングを開始する。
 
フェイストラッキング
→顔の動きをカメラで読み取る。上半身の揺れとかもトラッキングしてる。
リップシンク
→口の動きをカメラで読み取る。

全身操作

→腕とか手とか操作を読み取る。別の機械が必要らしいです。
 今回は使用しません。

 

f:id:thinatu:20210404232755p:plain

 
 
 
 
最後に
とまぁこんな感じで作ることができました。
 

 

 
 
でわまた。
機会があれば何かしら更新します
多分配信とかかな?