社会不適合者でオタクなライダーの日記

アイマスとかFateとかゲームとか。最近バイクの日記が主なブログです。

ゼロから始めるvTuver 〜オタクが二次元の身体を手に入れたい(準備)〜

ゼロから始めるvTuver
〜オタクが二次元の身体を手に入れたい(準備)〜
 
f:id:thinatu:20210324110845p:plain
 
オタクだからさ、やはり憧れるよね。二次元の身体。
vtuver見てると興味は湧くけど、どうやってバ美肉して、キャプチャとって配信すればいいのかやり方、方法が全くわからない。
 
 

 

ので、とりあえず挑戦することにしました。
みんなが出来て俺が出来ない理由は無い。
なお、現在進行形で進んでいるので途中での挫折はあると思いますので、ご了承ください。
1年以内をめどで・・・
 
 
 
 
 
 
 
必要なもの
 まず何が必要かを調べて見ました。とりあえず超雑にこんな感じ。
 
 
物理的なもの
・ある程度のスペックのPC
・ペンタブ(自分で描く予定ならば恐らく必要?)
・カメラ(キャプチャ用)
 
電脳的なもの
・ 二次元の身体を作るソフト
・リアルと二次元を連動するソフト
・配信ソフト
 
 
こんなものでしょうか。わからん。
PCは手持ちがあるので問題なし。スペック足りなければメモリ追加します。
ペンタブは後述の身体を作成する際に必要そうです。元々多少絵を書くので、安物ですがペンタブは持っているので問題なし。
カメラは二次元の身体を作ってから、どういうものを買えばいいか考えましょうかね。
 
2次元の身体を作るソフト、リアルと二次元を連動するソフトはVRoidというソフトが、使いやすそうなので採用します。有名なソフトなので説明は省きますが、運営がpixivで商用可能、また、(まだ作成していないけど)3Dモデルが作りやすいなどの理由です。
配信ソフトに関しも、まだまだ先の話なのでとりあえず保留です。
 
 
 
 
 
PCのスペック(+ペンタブ)
 
今回使うVRoidでの必要スペックは以下
 OS:Windows 8.1 / 10
 CPU:Intel core i5 第四世代以降
 メモリ:8GB 以上
 ストレージ:10GB以上
 
と言っても実際に動かすとなると、余裕も欲しいのでメモリは16GBあればいいんじゃ無いでしょうか。またストレージも普段用のPCとしても使うならば500〜1TBくらいあるんじゃ無いでしょうか。
今なら結構楽に手に入るレベル。普通に使ってたらこれくらいあるんじゃない?
 
 
 
 
またペンタブですが、僕が使ってるのはwacomのctl480/sです。
恐らく今買えば中古で数千円で手に入るレベルです。
このシリーズ⬇︎(アフィじゃないよ。ただの参考。)
 
 
 
 
 
 
VRoidについて
VRoid studioとは、人アバターキャラクター)の3Dモデルを作成できる無料WindowsMacアプリケーションである。対応フォーマットVRM
 ニコニコ大百科より。ですけど。
無料で使えて商用可。
 
 
多少コツはいるでしょうが、頑張れば自作できそうなので今回はこれを選びました。また利用者数が多いコンテンツ・ソフトの方が分からない場合に検索しやすいです。
 
 
また、個人的に好きな絵師さん兼vtuberのカモミさんも使用しているみたいです。こんなクオリティで作ってみたい・・・夢のまた夢だが・・・

 

 

 

 

他にも

 

 

など、作り手が良ければ無料であってもクオリティが高いものが作れるようです。

(無知なだけかもしれませんが・・・) 

 
 ということで今回はVRoidを使用していこうと思います。
 
 
 
 
 
今回はここまで
 
ブログとして残すのは勉強の為と、見てる人が増えれば増えるほど完走できそうだったからです。
でわまた。