社会不適合者でオタクなライダーの日記

アイマスとかFateとかゲームとか。最近バイクの日記が主なブログです。

魔法少女リリカルなのは Detonation 感想2

今回は短め。舞台挨拶の感想って感じ。

 

なのは2

舞台挨拶
ゆかりんがとっても楽しそうだったことや、作品を知って観ていてくれたことが凄く嬉しかった。幼少期のなのはさんとの会話は本当に良いよね。あつがましくない感じのなのはこらなのはへの励ましの言葉はゆかりんにとっても良かったんだろうなって。凄く分かる。


奈々さんはいつも通り良いよねー後ろで自分の歌が流れるってどんな気持ちなんだろ。ゆかりんとの掛け合いとかもRefに比べてとてもとても良くって見てて微笑ましかった。フェイトから言われた言葉をレヴィはしっかり胸に覚えてて実行しててその時の言葉は本当に印象に残るよね。


植田佳奈さん…というより八神一家。くそわろたwもう殆ど漫才じゃないかってくらい面白かった。登場の時点で仮装ってwあとは一条さんや柚木さん筆頭にみんな言っていたけど、シャマルやっぱり強いよなwこの前の感想でも書いてるけど回復支援と言いつつ前線に出たらだいぶメイン火力になるくらいには強いよね。そして清水さんも言ってたけど、今回はヴォルケンリッターとして戦うシーン多くて好き。
あと最後らへんに若い奴ら(声優)の方がええやろみたいな事言ってたのがわろすw確かにそっちも好きだけど、そういう時代を作ってきてくれた一条さん達も好きだよ!


戸松さん。若い奴ら側。好きな台詞はアミタの「動けェェェェ!!!」全力でアフレコしたらしいですが、あのシーン良いよな。というよりアミタは前半的にしっかり出番や活躍あってて見てて楽しかった。あと本当に妹思いの良い子だよ…泣
そんな妹役の聡美さん。きゃわいい。アミタから貰った「空を見上げたら、背筋も伸びます」をイリスに伝えるシーンが印象深かったと。今回挿入歌も歌っているので特に今回の主要キャラでしたね、


あすみん。ユーリでずっと叫んでたのが俺は印象的だったよ。あとあすみんと日笠とかあそこらへんの絡みがくそわろなんだけど。見てて楽しいしやっぱ好きだわwベルカ語とかについても詳しく聞きたかったなぁ〜。


みかこんぐ
名探偵クロノくん。以上。


日笠。終始弄られててわらう。そしてゆかりんとの関係が良くなったんですよ!って言ってて、ゆかりんも日笠がいる現場では、日笠の好みの差入れを持っていく。って話聞いた時に、ゆかりんが前に比べて明るくなった要因、日笠が楽しくやってくれたのもあるのかなって。もしそうなら凄く嬉しいし優しいよね。
日笠さんが言ってた最期のなのはが私が守るんだって言った際に背景が地球になるのは凄く良いよね。なのはさんの手の届く範囲ってのは地球なんだ…すげぇや…なんならエルトリアまで救っちまうし…。やっぱりなのはって最高だなって思った。


今回の舞台挨拶が楽し過ぎて本編がだいぶ薄れてしまうよwそして複数回見るのはあたりまえだろ!だけだ50回??とかハードルあげるのはヤメロォ!!

 


2回目。最期のなのはのシーンは見れば見るほど、台詞がしっかり入ってきて凄くのめり込んでしまう。どんどん良くなる気がする。あとウロボロスが関東全域とか思ってたけど、違うか。いくつかデュランダルで凍らしてるしな。
2回目舞台挨拶やば
聡美さんが台詞覚えてるのめちゃ好き
ゆかりんが本当に楽しそう
3人での台詞読みはホントすごい!
インナー最高

 

 

ここら辺から書くのに飽きてひたすら映像見るマシーンになってます。
今度なのはを何十回目かの見直しをしようと思ってるので、そのときまた魔法少女リリカルなのはについて語りたいと思います。でわまた