社会不適合者でオタクなライダーの日記

アイマスとかFateとかゲームとか。最近バイクの日記が主なブログです。

Fate HF の感想。十数年前にFateに会えて本当に良かった。

FateHFが一番好きです。はい。
見て来たので感想や設定。考察(なんてものはほとんどないけど)書いていくよ。
ひたすら書いてるだけなので日本語おかしいとかは聞きません。平常運転です。

Fate感想三章までのあらすじ
・腕士郎になった
・桜は慎二をコロコロして影として覚醒

 

 


・黒桜として士郎家を襲いにきたところ
桜が完全に闇落ちしててゾクゾクする。そして圧倒的な力の差を見せつけるのも良い。凛が最初に桜と対峙して宝石ぜんぶっぱしようとするけど、影で全部飲まれてるのかっけぇ。(虚数魔術割とチートやんけ)そのあと凛を庇う士郎に激おこの黒桜さん。このままだと全滅なのでイリヤがお姉ちゃん節を見せつけ黒桜に同行する。


・士郎と言峰がイリヤを救うとこ
士郎が言峰のところを訪ねてると、言峰が利害の一致で手伝ってくれることに。イリヤに会って士郎とイリヤの口喧嘩みたいなのが良かった。「(イリヤは聖杯じゃなくて)イリヤはイリヤだろ!」これは多分イリヤルートで使うはずだったシーンだろうなって思いながら観てました。イリヤを救い出してアインツベルン城から逃げ出す3人。言峰はアサシン。士郎はバーサーカーと対峙する。
言峰がイリヤを抱えながらアサシンから逃げるシーンは原作でも記憶に残ってるシーンですな。言峰お前何者だよってなった記憶がある。昔はfatezeroなんて無かったし。
士郎VSバーサーカーはやっぱ最高だわ。
イリヤにバーサーカーを倒してもいいか?って自分の勝利を信じてる士郎もカッコいい。セイバールートでのバーサーカーvsアーチャーをここでパロって回収してるんだろなぁ。
そして、聖骸布を外してからの

 

f:id:thinatu:20200817223626p:plain
ーーーついて来れるか。


これは本当に名シーン。
そして、「ついて来れるかじゃねぇ…てめぇこそ付いてきやがれぇぇッッ!!!」はカッコ良すぎる。(そのせいで人間として壊れるんですが…)

 

 

f:id:thinatu:20200817223823p:plain
ナインライブスブレードワークス。
投影だけでなく宝具として使い、八つの斬撃で切り刻み、最後の一太刀でトドメを刺した。
地面には9つの刃の斬撃の痕が残ってるのが本当にカッコ良い。

 

 


ーーーお前が守れ

 

 

 

 

 


・最終戦闘の準備
イリヤから聞かされる聖杯戦争の真実。
宝石剣ゼルレッチ。
プチっとされるお爺さま。
少し気になったけど、宝石剣を投影する為に過去の回想シーンを確認してたけど、あそこで間桐ぞうけんは死が恐怖になっていったんだろうな。って思いました。
あとここら辺から士郎が壊れ始めてるのが分かる。凛との会話で直前の記憶が飛んでたり。

 


・最後の戦い

f:id:thinatu:20200817223959p:plain
大空洞へ向かう士郎、凛、ライダー。
待っていたのはセイバー・オルタ。
桜が待っているとのことで凛だけ先に桜の元へ。そしてセイバーvsライダー&士郎の戦いが始まった。
ここってfateの最初の戦闘。セイバーvsライダーを完全にぱろってるやろ!ほんと好き。最初の戦闘の立ち位置(味方か敵か)を変えて終盤の戦闘に持ってくるとか。普段ならセイバーが圧倒出来る程の戦力差だけど、今のライダーのマスター(パスが繋がってる相手)は聖杯である桜。魔力もガンガン使えるライダーさんはつよいぞ!!と言っても元々の英霊としての強さ的にはセイバーに軍配が上がる。そこを持ち前のスピードと魔眼で誤魔化しつつ戦闘を行なってるのが凄く良い。戦闘シーンもそんな描写をしっかりしてくれてて最高だった。また個人的には全年齢版のfateのHFのOPでの、同じシーンが少し映像に混ぜ込まれてるんですが、そこのライダーさんの顔がしかめっ面になるとこが好き過ぎる。桜を助ける為に桜と対立しながらも一生懸命戦う姿に感動が止まらん。そういうのを求めていた自分もすごく満足する戦闘だった。んで最後の宝具のぶつかり合い。普通にぶつかり合ったら最初の戦闘と同じ結果(ベルレフォーンがエクスカリバーに打ち負ける)になるのは目に見えてる。
だからこその士郎。
アーチャーが死ぬ間際に見せてくれた、知っている限りで最強の盾であるローアイアスを腕士郎も投影する。エクスカリバーをローアイアスで受け威力を減少させる花弁が散った瞬間に、放たれるベルレフォーン。威力が減少してる今だからエクスカリバーにも打ち勝てる。そのままセイバーをぶっ飛ばし…
トドメののアゾット剣。
受肉しているからこそ、魔力が篭ってるアゾット剣でも英霊を倒せる。

f:id:thinatu:20200817224313p:plain

きみを忘れる。
ここで一つの戦いが終了した。
ちなみに原作はトドメを刺さない選択肢も出来ます。勿論タイガー道場行き。


黒桜vs凛
強さ的には勿論聖杯と繋がり無限の魔力を引き出せる黒桜には敵わない。
だけど凛が手に入れた宝石剣。並行世界から魔力を持ってきて出力するチート武器。これで魔力量は互角。一度に出力出来る量も、桜と凛はほぼ同じ。これなら戦える。勝てる。

f:id:thinatu:20200817224424p:plain
原作で黒い影にビームを撃ちまくる凛が凄く印象に残ってましたが、見事にあの戦いを映像化してくれたな!さっすが!と思いながら見てました。
戦闘の末、最後の一撃を、妹を殺す剣を、桜に突き立てることが出来なかった凛。姉を憎み死にたくない負けたくなくて反撃した結果凛を刺してしまった桜。
最愛の人を殺してしまった事で、自暴自棄に陥る桜。
そして、そこにやってくる士郎。

 


今度こそ桜を助ける為に桜に突き立てる刃は、ルールブレイカー。


ーーーーーそんな奴とは縁を切れ

画像


 


全ての契約を断ち切るキャスターの宝具。プレイしていた時は感心しました。ここでこれかぁぁぁ!って。

 


アンリマユから解放された桜、まだ生きてる凛をライダーに任せ大聖杯を止めるため進む士郎。

 

 

 


・最後に対峙するのは。

f:id:thinatu:20200817225002p:plain
言峰綺麗
そしてお互い譲れない信念を元にただ殴り合う。
士郎はこの世絶対の悪を誕生させない為に。
言峰はこの世絶対の悪の誕生を祝福する為に。
お互い魔力も無く死に体の身体で自分の信念を貫くためだけに殴り合う。


この時点で2人は本当に死に体なので、どちらが勝っても負けても2人とも死ぬのは変わらないのに、守る為。祝福する為。にただ殴り合うのが本当に泥臭くて良いよね。


2人の決着もそう長くはかからず。


ーーーーーお前が最後のマスターだ。

 


言峰が倒れる。


そして大聖杯を壊す為、最後の投影を試みる士郎。
しかし投影をすれば確実に自分が壊れる事が分かってる。桜と生きたい、死にたくない士郎。


そこに訪れるイリヤ。
士郎はどうしたいのかを聞き、生きたいと願った士郎、弟の為に第三魔法を発動。

f:id:thinatu:20200817224725p:plain
私はお姉ちゃんだもん。
なら、弟を守らなくっちゃ。

 


バーサーカー戦では、妹の為に命を賭して戦ったお兄ちゃん。
最後に弟を守ったお姉ちゃん。
本当に最高過ぎた。
第三魔法、魂の物質化によって士郎の魂は生きて帰る事ができた。
それから数年、凛と桜は士郎の器を探して蒼崎橙子の人形を手に入れ、無事(?)士郎は復活。


最後に約束していた桜満開の中お花見🌸

f:id:thinatu:20200817224104p:plain

 

 



全部が良かった。
妹を助ける為に戦う凛や、
桜在り方が似ていて同じ結末になって欲しく無いライダー、
弟を守る為に犠牲なったイリヤ、
大切な人を守る為に命を賭して戦う士郎、
信念を守る為に命を賭して戦う言峰。
全部が良かったと言わざるを得ない映画だった。
10年以上も前にFateをPCでプレイして、セイバールート、凛ルート、そして桜ルート。最後のHFをプレイしてた時の驚きや感動は未だに忘れられない作品だった。最初の2ルートと比べて完全に別物語、主人公の主軸をぶった斬るような展開。そしてラスボス兼ヒロインの桜。完全にどハマりしましたね。そしてそれから月日が流れてHFの映像化、まさかの劇場版3部作。最初は好きな作品だから変に壊して欲しく無くって嬉しさ半分くらいでした。また2章が終わった段階で思ったより進んで無い気がして、このまま綺麗に終わるのかなと思ってました。
けど今日この作品の3章を見たら今までの不安なんかぶっ飛んで最高!しか言えなかった。俺が見たかったセイバーvsライダーのライダーが必死に桜を助ける為に戦うシーンもキッチリ作り込んであるし、桜vs凛の姉妹対決も凛のあの宝石剣をガンガンに使ってバトルするシーンもしっかり作り込んであって、昔好きだったシーンを映像化で見れた感動と、戦闘のそれぞれの想いでの感動とで俺の感情はぐっちゃぐちゃになりながら観てました。


まぁ…取り敢えず見て下さい。
人気の作品は人気なだけの理由があるよ。
本当に面白いから